二次会の景品選びに困ったら…

 

 

ハズレ無しのビンゴゲーム

結婚式の二次会でビンゴゲームは恒例の行事です。一位の人は高額の二次会景品を貰うことが出来ます。

一位の商品は金券などの誰もが憧れる商品を用意することでビンゴゲームを盛り上げます。

 

ビンゴゲームは参加者が多い程、参加費が沢山集まるため、その分高額の商品が用意出来ます。
参加者全員に景品が行き渡る様にハズレ無しのビンゴゲームもあります。
やはり参加費から景品をまかなう場合、自分のお金から他の人に良いものが与えられていると
いうことを快く思わない人も何人か出てくるかもしれません。


せっかくですから、二次会は全員に気持ちよく参加し、笑顔で帰ってもらいたいものです。
そのために幹事がすべきことは、参加者の気持ちを汲んだ内容を企画することです。
全員が何かしらのプレゼントをもらえるのであれば平等ですし、それで文句を言う人は中々いないでしょう。

二次会の景品を購入するために幹事はディスカウントストアーなどで買い物することが多くなります。

二次会の景品で用意するものは家庭で使える商品にすると参加者に喜ばれます。

配りやすい

洗剤、石鹸、お菓子など普段の生活の中で使うものを景品として
プレゼントすることで、参加者に満足感を与えます。

また、生活必需品を商品に揃えることで、あらゆる年齢層の参加者を
喜ばせることが出来ます。http://www.cpanews4u.comあると嬉しい

 

そしてハズレが無いことで参加者、全員が満足感を持って帰宅してもらうことが出来るため
二次会は大盛況のうちに終了することが出来ます。

せっかくのゲームです。皆で楽しんでもらいたいものです。

結婚式の二次会で人気の景品ランキング!テーマパークや旅行券など選択肢は多数

結婚式の二次会は内容次第によってとても盛り上げることができます。
ゲームのイベントは特に盛り上げることができるのでよく行われます。そこでもっと心に残るものにするならば、景品を選択します。

景品といっても本当にその人が欲しいものかわからないということもあります。また高価なものであれば良いというものでもなく、費用もかかることになるので人気のある景品を選択します。
今人気があるのはどこかに行く事ができるもので、チケットなどに人気があります。テーマパークであればカップルで楽しむことができます。旅行券というのもよく、自分が行きたいところに行く事ができるなど自由度も高くなるために人気があります。

カップルや家族で楽しめるもの以外では、生活に使えるものに人気があります。日用品などもいいですが、意外と食べ物も喜ばれます。特に日頃あまり食べない良いな食材や珍しい食べ物は価値も高いと言えます。
中でも高級食材には人気があり、日頃食べることができない、また食べたことがないようなものを二次会の景品でもらえればとっても喜ばれることになります。
食材で気をつけていきたいことは日持ちするかどうかということで、そこを確認しておくといいです。

 

イギリス式のビンゴ「ハウジー」もおもしろい!

英国式のビンゴゲーム「ハウジー」について説明しています。このゲームはイギリスや、オーストラリアなどの国で広く親しまれており、27個(縦3×横9)のマスの中に数字が書かれたカードを使います。パーティー等人が集まる機会に遊ばれています。

子ども会から、会社の忘年会等のパーティーまで、人が集まると行われることが多く、子どもから大人まで親しまれている「BINGO」。
現在日本で多く親しまれている5×5マスのカードを使ったゲームはアメリカ式です。ここでは、あまり知られていないイギリス式の同じようなカードを使用したゲームをご紹介しています。

 

イギリス式ビンゴ 「HOUSIE(ハウジー)」は主にイギリス・オーストラリア・ニュージーランドで遊ばれているゲームです。
このゲームをおこない、収益をチャリティーとする催しも多く開催されており、幅広い年齢の人々がゲームに興じている姿が見られます。

使うカードはタテ3マス×ヨコ9マスの27マス このゲームではタテ3マス×ヨコ9マス。合計27のマス目のあるカードを使用します。 各列9マスのうち、5マス分だけに数字が書かれており、4マスには何も書かれておらず空欄となっています。

タテのマスには最低ひとつは数字が入っています。マスに入れられる数字はルール上決まっており、左から「0~9」「10~19」…と10刻みです。
9列の一番右には「80~89」のどれかの数字が書かれていることになります。参加者にはあらかじめルールに沿って数字が入っているカードが配られますので、数字の入るルールを覚えていない方でも参加できます。

ゲームの進め方 ゲームの進行は、なじみのあるアメリカ式ゲームとほとんど同じです。ゲームの司会者がひとつずつ数字をコールし、自分の持っているカードにその数字が書いてあればチェックを入れていきます。
横1列の数字5つ全てにチェックが入れば「LINE(ライン)」、2列入れば「LINES(ラインズ)」、3列全て入れば「HOUSE(ハウス)」と宣言し、最初に3列そろった人がゲームに勝利します。
スペシャルなコールで盛り上がる 司会者はただ数字をコールするだけでなく、14が出たときに「バレンタインデー」、22が出たときに「2羽のあひる」とコールするなど、スペシャルなコールで場を盛り上げることができます。

 

パーティーの主役に関係した数字の時に一言添えるなど司会者の腕の見せ所でもあります。
複数のカードを持ってプレイする このゲームは技術で勝つものではないので、ゲームに勝利をする確率を上げるには多くの枚数のカードを持つことが必要です。
パーティーなどで楽しむ場合には、事前のゲームでカードの枚数を決めたり、パーティーの主役にカードを多く配布するなど、各人が持つカードの枚数に差をつけるのも面白いでしょう。