正しいブリーダーの選び方

飼いやすいペット

パピヨンの足跡

それほど違和感がありません

パピチワの特徴として、顔はパピヨンですが骨格はチワワというものが多いです。


両方とも被毛の色が異なりますが、パピチワの色はパピヨンのような色やホワイトマーキングなどの毛色があります。


ミックスならではのさまざまな被毛を楽しむことができ、パピチワの寿命は一般的に約12~15歳です。


ミックスは純血種より身体が丈夫なケースが多く、パピヨンより体が強い傾向です。
小型犬になるので高い場所から降りる際骨折には注意しましょう。

注意すべきポイント


チワワは強い警戒心があり、番犬として利用することができますが外で飼うのはおすすめできません。
パピチワは寒さ暑さなどに弱く、家族の近くにいないと何かしらストレスが溜まっていき、
病気になることもあるでしょう。そのため、室内飼いすることをおすすめします。


毎日散歩することによって気分転換になり、長生きにも繋がります。
もともと両方の犬種は血の繋がりにおいて近い距離にあり、どちらも似ています。


両方を掛け合わせた犬種ですが、もとの犬種と比較してもそれほど違和感がないでしょう。
ほとんどの場合パピヨンによく似たものが生まれています。


段差の少ない部屋を作ったり、温度管理にも注意しておくと安心です。

 

飼い方やしつけをアドバイスしてくれます

パピヨン専門ブリーダー|パピヨンの夢日記|子犬販売がおススメです。

ミックスは病気になりにくい犬種で、親のチワワやパピヨンより丈夫な犬種と言えます。
但し、ストレスが溜まると体が弱く病気になるケースもあるので環境作りは大事です。


小さな体になるので、通常の家ではすべて大き過ぎます。
パピヨンと同じく段差の少ない部屋が基本になり、温度管理も注意が必要です。


小型犬は周りの温度によって体温が影響されやすく、常に適度な室温を
一定に保つことによって快適に過ごすことができます。


パピチワには吠え癖があるので、しっかり教えることがポイントです。
学習能力が高いので、吠えてはいけないようなタイミングを学習させるようにしましょう。


パピチワを購入したブリーダーでは飼育やしつけの方法などを教えてくれるところが多く、
気軽に相談することが可能です。

ブリーダーからの購入


購入した後のアフターフォローを提供しているところが多く、
どうやってしつけをしたらよいのかアドバイスをくれるので便利です。


室内で飼うことが多い犬種なので、運動しても怪我しないような部屋作りについても
アドバイスを受けることができます。室温管理についてもどれくらいの温度が適切なのか
教えてくれるでしょう。


しつけすることによって吠えるクセをしっかり治すことができ、
家族のように一緒に過ごすことができます。

 

トップページ  変化を見逃さない  ブリーダーとの信頼関係  衛生面への配慮  病気や怪我  パピヨン病気の予防  信頼できるパピヨンブリーダー  パピヨン犬専門ブリーダー「天使のパピヨン犬舎」子犬を引き取る  貴族の愛玩パピヨン犬  賢い犬種  シングルコート  血統の特性  室内で飼育しやすい  インコ  飼いやすいペット  かめ  おすすめの種類 フクロウ  平均寿命  パピヨンの持病 里子を引き取る  里親の条件  SITEMAP